STORY

小説「奇跡の島」(近日刊行予定)あらすじ

オーストラリア北部、世界最大の珊瑚礁グレートバリアリーフの北端に浮かぶ小さな島、木曜島。ここで、かつて真珠貝採取ダイバーとして働いていた沖縄出身の父を持ち、現在シドニーに住む真子のもとへ、腹違いの妹と名乗る珠美が沖縄から訪ねてくる。木曜島で父と現地の女性との間に生まれたが、その後生き別れになってしまった姉を一緒に探して欲しいというのだ。

幼いころの両親の離婚で、実の父親が母を捨てたと思い込んでいる真子は、珠美の願いをいったんは断るが、結局自分にとっても腹違いの姉を探すために木曜島へと向かう。

2017年4月、木曜島出身で、生き別れになっていた実父と56年ぶりに沖縄で奇跡の再会を果たしたオーストラリア人女性の実話をベースにしたフィクション。

Kiseki no Shima (Miracle Island) is a song inspired by an Australian lady who was born on Thursday Island, where many Japanese pearl shell divers were sent to work. She recently met her biological Japanese father for the first time in 56 years in Okinawa, the most southern island of Japan. “I Can Dream It” features the sound of the Didgeridoo, a traditional Australian Aboriginal instrument, as well as the Sanshin, a three stringed Okinawan guitar.

〜Real Story(実話)〜

「木曜島物語・前編〜知られざる歴史と日本との絆〜」

(日豪プレス2017年4月号掲載)

「木曜島物語・後編~奇跡の島~」

(日豪プレス2017年5月号掲載)